スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
法華経は釈迦の直説ではない
「法華経は釈迦の直説ではない」について 調べてみました。

富永仲基(とみながなかもと、正徳5年(1715年) - 延享3年8月28日(1746年10月12日))は、江戸時代大坂の町人学者。懐徳堂の五同志の富永芳春(道明寺屋吉左衞門)の3男。通称、道明寺屋三郎兵衞、号:南關、藍關、謙斎。
 懐徳堂で弟の富永定堅とともに三宅石庵に学ぶが、独特の加上説によって儒教を批判したため破門されたという。

出定後語(しゅつじょうごご・しゅつじょうこうご)は、富永仲基の主著。延享2年(1745年)に刊行された。
本書のもっとも特徴的な主張は、「加上」と呼ばれる法則の提言である。仲基によると、新しい学説は、古い学説の権威を乗り越えるため、自説をより古いものと見せかける。たとえば儒家が文王や武王を宣揚すると、これに対抗すべく墨家はより古い禹を持ち出し、さらに儒家がこれに対抗してより古い尭・舜に自説をかこつけるといった具合である。
仲基はまた、まず小乗仏教が先行し、それに対抗して大乗仏教が加上されたとし、つまり大乗仏教を後世に作られたものと断じた。このことによって本書は仏教界から攻撃され、一方で平田篤胤などはこの書を賞揚した。

大乗非仏説
【説の諸相】
大乗思想に対しては、はやくより上座部の立場より疑問が提示されていたが、近世以降の「大乗非仏説」説では、文献学的考証を土台とし、仏教が時代とともにさまざまな思想を取り入れ、変化してきたことを示そうとするのが特徴である。文献学的考証では、原始仏教、原始仏典という概念を想定し、阿含経典に最初期の教えが含まれているのではないかと想定されている

法華経の教え
法華経が成立したのは、釈尊滅後500年ほど経た紀元100年前後といわれており、さらにその一部は後に順次増補されたと見られています。実はこの年代については、明治期以降に発達した近代文献学研究によってほぼ明らかになったもので、それ以前は実際に釈尊が直接説かれたものと信じられていました。そこで問題となってきたのは、それでは法華経は釈尊の金言でもなければ仏説でもないではないかという疑問です。これは法華経に限らず、華厳経や般若経、浄土教経典など他の大乗経典にも全て当てはまります。いわゆる大乗非仏説です。そうした考えの一端は、早くも江戸時代の富永仲基や平田篤胤といった国学者からも指摘されていました。

しかし非仏ということでいえば、現在伝えられている仏教経典はどれも釈尊が直接書かれたものではなく、全て仏弟子やその後の仏教徒集団が作ったものなのです。最も古いとされている阿含経などの原始経典にしても、釈尊滅後200年頃までに逐次成立したと推定されており、これらは釈尊滅後の教団における信仰的依拠として、弟子たちがそれぞれ釈尊の言葉や教えを記録しようとした仏典でした。その意味では後の大乗経典の作成意図も同じです。ただ初期教団(上座部仏教または小乗仏教)やその経典が組織強化のために戒律重視の禁欲的傾向を強めたのに対し、より自由な仏教思想を求める様々なグループによる大乗経典が誕生したというわけです。
スポンサーサイト
【2006/02/10 20:22】 | 仏教 | トラックバック(0) | コメント(21) |
<<友人葬 | ホーム | 世界で賞賛されている創価学会と言うけれど>>
コメント
2006-02-11 13:23:51

freeさん、私も調べました。
今、一旦ここまでということでレスさせていただきます。

『若し悩乱するもの頭破作七分 』を例えにとります。

釈迦減後は紀元前6~5(あるいは5~4)
原始仏教というのは、釈迦が死んですぐに教えの散逸を防ぐ為500人の出家が集まり、教典編纂会議を開いた。とあります。それもすぐに開いたそうです。
(そこで気になるのは法華経はどうなの?です)
法華経の訳はたくさんあるという説もございましてここでも???になってしまうのです。
釈迦が死んでから約2750年後に
中国に鳩摩羅什という訳僧侶がいました。
学会側からは、「鳩摩羅什の訳は素晴らしい、その証拠に舌だけは火葬の時焼けなかったそうです。」(大白蓮華)・・・・・?????。
この謎あやしい~~~~~。

鳩摩羅什さんだってわかんない所あったんじゃないでしょうか。随分飛躍したものが『悩乱する者頭破作七分』の意味なのです。法華経を守らなかったものを指しているのです。

そして鳩摩羅什さんが死んだ後19年後に智ギさんが産まれたのですね。
大人になって感動したのでしょう、鳩摩羅什さんの法華経はすごいと、イエ釈迦の法華経と勘違いしたのでしょう。

だって釈迦は、原始仏教典によれば法華経を指してないのです。
「昔バラモンの貧しい坊さんが、バラモンの金持ち坊さんにお金の無心をしたけど、金持ち坊さんは祭りで金を持っていなかったので、あげられませんでした。そこでみすぼらしいバラモンの貧しい坊さんは

『いまから、7日の後にあなたの頭は七分に裂けてしま
 え』と・…呪詛の作法をしたそうです。

freeさん長くなりました。これで宜しいでしょうか。長くて長くてごめんなさい、ちょっと休憩
【2006/09/24 20:27】 URL | 道 #-[ 編集]
2006-02-12 08:43:22

恐ろしくなった金持ちのバァバリーは使いを釈迦の所へ行かせその意味を聞かせたそうです。
釈迦は「頭とは無明のことで、信仰と、念(おもい)と精神統一と、意欲と努力とに結びついて、頭をさけさせるものである」

(この原始仏教の事は個人で研究されている方からネットでお聞きしました。)

貧しいバラモンの坊さんとはまさに今の創価学会にしか思えません。

天台宗で出家した瀬戸内寂聴さんの話が時々TVで移りますが、その穏やかさと内容の豊富さにおなじ法華経でもこんなに差があるのかと、唖然としてます。

法華経の題名を妙法蓮華経と鳩摩羅什は訳したと記憶にあります。
本には必ず題名があります。題名をあげて願いが叶ったと会員は狂喜しますが?????の連続です。 
【2006/09/24 20:28】 URL | 道 #-[ 編集]
2006-02-13 18:39:27

私は学会が日寛さんに鞍替えした時は、脱会してたので、日寛さんの御書は読んでませんのでわかりませんが、みれいさんが紹介してくれた「しばらくも、此の本尊を信じて…」を読んで見ますと日寛さんは小さな日蓮さんという感じですが、まったく同じ文章が日蓮さんの御書にあります。
文底秘沈の三大秘法の本尊と崇めたてまっていますが、残念ながら紙であり板です。
悩乱している学会幹部に聞いたのですが、
答えになっていませんでした。
「人間の命と本尊とどちらが大事?」と聞いても????なんですから涙がこぼれましたよ。

「祈りとして叶わざるはなし」  を示唆する言葉は、たくさん御書にのってます。優しい面もある日蓮さんですが、今の時代にうるさい題目でもないでしょう。日蓮さんだって「うるさくて、体が休めない」って言ってますよ。本人が広めたのだから、どうしてくれるんでしょうね。
【2006/09/24 20:31】 URL | 道 #-[ 編集]
2006-02-16 22:02:23

 今 読んでいるのは「日蓮文集」岩波文庫です。
昔の言葉使いって 難解です。(読んでいるって言うより 眺めているって感じです)

 観心本尊抄も 載っているので 調べてみますね。

 これもみれいさんから教えていただいた HPに日蓮さんの御書が載っています。まだダウンロードしておりませんけれど。http://nakanihon.net/nb/gosyo/20.html

題目功徳御書ってありますね。
【2006/09/24 20:32】 URL | free #-[ 編集]
厳しい戒律で学会を締め付けてきた宗門から離れて自由な発想で進む学会 
相手の思想を認めて対話し理解してゆく
世界にはイスラムとキリストの2000年に及ぶ宗教戦争が今も続いています
やっと宗門から独立したばかりの小さな学界ですけど夢は世界広布イスラムとキリストと対話出来地球上から戦争がなくなればと願うばかりです 
より自由な仏法思想を求めてより良く進化するSGIを大きな目で見てください
【2007/12/03 07:51】 URL | 猪野勇一 #d/CpiV46[ 編集]
>大きな目で見て下さい

残念ながら見逃すわけにはいきません(笑)

イスラムとキリストの2000年にも及ぶ宗教戦争、それを厭うのならご自分達の日蓮正宗との確執をまず改めてからにして頂けないでしょうか?

SGIのことにも触れていらっしゃいますが
私のblogでもSGIに大変怖い目にあっていらっしゃる方がいらっしゃいました。
http://blog.goo.ne.jp/free-zu/e/83a7a4be827ef8cbf120b3795885f854

またアメリカうさぎさんと以前交流がありましたが、アメリカSGIを退会するのに、かなり苦労していらっしゃいました。日本では創価学会が公明党という政党を作り 会員が選挙活動することに大変驚いていらっしゃいました。アメリカでは考えられないと。

脱会者を無理に引き留め、敵と判断した者には集団で嫌がらせをする創価学会体質はSGIでも変わらないようです。

また このblogはコピーblogですので ご意見は上のURLに書いて下さると、速やかな対応が出来ます。

今回はお返事が遅れてすみませんでした。

【2007/12/14 11:05】 URL | free #JalddpaA[ 編集]
あけましておめでとうございます。
勇一さんは新年勤行会に行かれました?

>口汚いののしりあい
日蓮正宗と創価学会の裁判記録でも一方的に創価学会が仕掛けて日蓮正宗が裁判に勝っている事例が多いですよ。
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/souka_7.html
創価学会のメディアはこの事実を一切報道しませんが、正宗は負けた裁判もそのまま載せる、それで一般の人も信用するのです。

私は日蓮正宗にも興味ありませんし、日蓮聖人も激しすぎて尊敬できません。(時代背景を見ると日蓮聖人が言っていることも理解できますけれどね)

創価学会を潰すのは日蓮正宗ではありません。会員達の選民意識と一般人を見下す行為、嘘を平気でついて全く反省のない振る舞いだと思いますよ。会員を指導する幹部達も創価学会しか知らない人たちが増え、、ますます社会との隔絶を生み出しています。

創価学会員は 社会とのズレに苦しみ精神を病んでいきます。
以下は創価学会に籍を置く学者の方の考察です。
http://blog.goo.ne.jp/gehen_584/e/868409246b7208a157d99a98b91936e8
【2008/01/02 11:46】 URL | free #JalddpaA[ 編集]
あけましておめでとう御座います
新年勤行会 行ってきました
今年からは元旦のみ1回だけ
交通渋滞とか近所迷惑とかを考えてのことだとか?
皆さんのご意見が少しづつ採用されています
間違っていることを改めることに異存はありませんから
  日蓮上人は激しい
本来仏教は慈悲を説きます やさしいはずです
そのやさしさがあだになりインドでは仏法が滅びました
今学会は日蓮仏法を原点としています
激しさゆえ批判も多いですが世界へ布教するとなれば少々強くなくては無理です
イスラム教 キリスト教 仏教の実質世界3大宗教になるにはまだほんの少数ですが世界同時進行で布教が進んでいます しっかり対話も進んでいます
 学会しか知らない幹部  
同感です せっかく身に付いたボランテア精神 もと社会に対して発揮すべきです
民生委員 自治会長 等多くの学会員がやってはいます
 負けた裁判は言いたくありません
敗戦の将語らずです 不利なことは黙秘してもいいよといわれました
 人を見下すことは絶対してはいけません
少なくとも私はしません



【2008/01/04 09:18】 URL | 勇一 #6wH.DH8I[ 編集]
新年早々なんともはや……freeさんお疲れさまです。こちらのまとめブログのほう、色んな方がいらしてたんですねぇ……。

>勇一さん
はじめまして。ええとですね、あなたの耳は、ちゃんとあなたのココロに繋がってますか?
昨年末からずっとコメントされてるみたいですが、端から見ていると「全く人の話が聞けない方だなぁ」と思います。

いや、私は創価学会のことが嫌いですからね?
あなたが学会員として「学会員はネットでも一方通行に語るだけで、
都合の悪いことは見えない聞こえない連中だ」と、自ら証明して下さるのは助かるんですが。(笑)

freeさんから、「このblogはコピーblogですので ご意見は上のURLに」と言われても『聞こえない』。
宗教戦争を「それを厭うのならご自分達の日蓮正宗との確執をまず改めてから」と言われても『聞こえない』。

挙げ句に「日蓮正宗と創価学会の裁判記録でも一方的に創価学会が仕掛けて日蓮正宗が裁判に勝っている事例が多いですよ。」
と実例を示され、「創価学会のメディアはこの事実を一切報道しませんが、正宗は負けた裁判もそのまま載せる、それで一般の人も信用するのです」
と言われているのに、「負けた裁判は言いたくありません」「不利なことは黙秘してもいいよといわれました」とは、何かのギャグですか?(笑)

そういうあなたから「しっかり対話も進んでいます」と言われても、勇一さんみたいな学会員さんが多い内は、
『創価学会と対話なんて不可能だろうなぁ…』とため息が出るばかりです。

第一『黙秘権』って……あのね、ここは警察の取り調べ室じゃないんですから。(爆笑)

――とりあえず、「創価学会は裁判に敗けていること」「それは創価学会に不利な話題であること」
といった自覚はあるんですね? だったら、次はその理由を考えてみましょう。

それは簡単に言うと、「創価学会が間違った団体であり、迷惑な宗教」だからです。
ですから、そんな宗教を広めるのは「社会にとって迷惑」です。迷惑だから、あちこちで衝突を起こすのですよ。
【2008/01/04 18:18】 URL | 春田の蛙 #YrGnQh/o[ 編集]
>そのやさしさがあだになりインドでは仏法が滅びました

いいえ、違います。インドで仏教の潮流が下火になっていった理由については様々な考察がありますが、
それをマトモに研究している方で、あなたみたいな馬鹿なことを仰る人はいません。

勇一さんは無知であり、あらゆる物事に対して大変に不勉強です。
無知で不勉強な人間が、己れを省みずに他を断ずるのは傲慢であり、思い上がりです。
傲慢であり思い上がった態度ですから、『自分の理解の外』にある人間や事象に対して、一方的に決めつけてしまうのです。
即ちそれは、他を見下す振る舞いのことです。その『つもり』が、あなた自身にあろうが無かろうが。

> 人を見下すことは絶対してはいけません
>少なくとも私はしません

そうですか……自分のことは、自分では見えないものなんですね。
無自覚にそれを行なっているのに気付けないのは、端から見て大変に恥ずかしいことですよ?

……他にも、勇一さんのコメントにはツッコミどころが沢山たくさんあるのですけれど、
新年早々あまり意地悪になりたくもありませんので、ひとまずこれにて。(笑)
【2008/01/04 18:20】 URL | 春田の蛙 #YrGnQh/o[ 編集]
忠告ありがとう御座います退散します
【2008/01/04 21:04】 URL | 勇一 #6wH.DH8I[ 編集]
頂いたコメントを読み直してみました。勇一さんは今年63歳になられるのですね。

こんな事を言うと酷かなと思うのですが、創価学会は世界宗教にはなり得ません。
無理な折伏、信仰の強制で創価学会の被害者は多いです。創価学会が選挙の集票マシーンとしての力が無くなり、マスコミへの宣伝費が滞ると批判を押さえることが出来なくなるでしょう。すでに外国メディアでは創価学会批判はあります。日本のメディアでも新潮以外にもたくさんの雑誌や一部テレビなども創価学会・公明党を批判しております。

負けた裁判を見ないということは、現実に目を背け続けることです。自分はだませませんよ、いつしか嘘から逃れられなくなります。
【2008/01/05 16:22】 URL | free #-[ 編集]
春田の蛙さん

まだまだ私は力不足ですね。私のぼやきに反応されて、新年早々出て下さってスミマセン。

勇一氏は私の人格否定はされませんでしたね。ちょうど、私の親の年齢ちょっと2世3世の悲哀を味わっちゃいました。

【2008/01/05 16:36】 URL | free #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/01/09 20:22】 | #[ 編集]
勇一さんメールでお返事とのことですけれど、私は創価学会の方と個人的なお付き合いには線を引いております。それはとても手痛い目に何度も遭っているのでご了承下さい。

私が優しいと思って頂き、また私の言葉に少しでも反応を下さり希望を感じました。

たぶん勇一さんの経験した創価学会と私の経験した創価学会は違っているのでしょう。私は時は成果主義でした、そして人を激励するというのは定文化された言葉だけで何の人間味もない幹部達でしたよ。そうではないことを勇一さんは経験されたのでしょうね。

でも、確実に今の創価学会に正義はなくなってしまいました。

私は脱会時に味わった恐怖、そして創価学会を批判しつづけることによって引き寄せてしまう恐怖をいつも持っています。

脱会者、恋人(パートナー)が創価学会員、2世3世の苦しみ、それを少しずつ理解されるようにして下さい。私は 信心を否定しておりません。
組織を否定しております。そこをご理解下さり、無理のある激励や啓蒙、折伏、投票依頼などなさらないようにほんの少し「今の」組織と距離を置くことをお薦めします。
【2008/01/10 09:46】 URL | free #-[ 編集]
追記:信心は否定しませんが、御本尊(唱題)万能論と現世利益をことさらに強調される方には、「それは違う」と反論します。
【2008/01/10 09:54】 URL | free #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/01/10 17:26】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/01/10 19:13】 | #[ 編集]
今、末法に入りぬれば「余経も法華経も栓なし」
只 「南無妙法蓮華経」なるべし。 
【2009/01/28 21:06】 URL | アゴ #-[ 編集]
こんにちは アゴさん

私は「南無妙法蓮華経」も「南無阿弥陀仏」も「アーメン」も否定しません。
アゴさんがどういうお立場か解りませんが、創価学会名誉会長で永遠の指導者の池田大作氏は
「釈迦の法はもう過去のもので何の利益もない」
「われわれは釈迦仏教に縁のない民衆であることを知らねばならない」
「釈尊出世の本懐である法華経でさえも末法の今日に は まったく力はない」
と折伏教典で仰っているので アゴさんと同じ主張ですね。

創価学会の方が「南無妙法蓮華経」を唱えご自分の信仰を深め人格を磨いていらっしゃるのでしたら何の文句もないのです。創価学会員という選挙マシーンを使い、また創価学会政治部、公明党を使って民主主義を破壊し 私たちの生活まで脅かしつつある現実を知って頂きたく思っています。また退会者や非活動家 また批判者に集団暴力とも思える恫喝を繰り返し とくに辞めることの出来ない2世3世 子供を抱えた主婦などを精神的に追いつめることを辞めて頂きたいなと願っているのです。
【2009/01/30 15:01】 URL | free #JalddpaA[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/01/04 21:51】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://free1zu.blog76.fc2.com/tb.php/61-91727c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。