スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
言論出版妨害事件
 若い方は ご存じないでしょうけれど、言論出版妨害事件は事実ありましたし、池田会長は正式に謝罪しております。それは 一部の学会員さんの暴走行為ではありませんでした。それを 人間革命では 事実を曲げて書いてあるようです。
 事実 数々の学会批判本を書いた作家たちは 出版を妨害され、強行に出版した藤原弘達氏は筆舌に 尽くしがたい 嫌がらせを受けていたのです。

 創価学会の組織犯罪は とかげのしっぽ切りのように 一部の学会員のしたことですまされてしまいますが、これは 正式に会長の謝罪があります。いたずら電話レベルでないことは 肝に銘じて下さい。

以下 そうかがっ会の信者さんにいろいろお聞きしたいの資料よりほんの一部抜粋 
-----------------------
1963/06/05 『文藝春秋』7月号発売。藤原弘達、林健太郎、宮城音弥、平林たい子による創価学会についての座談会記事を掲載。このうち藤原弘達、平林たい子宅に学会員からの抗議の手紙が殺到(free注 当時創価学会には言論部という組織があって 抗議の投書 電話などを組織的にやっていた)

内藤国夫著『公明党の素顔』(エール出版社)の場合
 67年1月ごろから、三一書房からの執筆依頼で、都庁担当新聞記者として取材してきた都議会公明党の素顔を書きはじめたという。これが創価学会・公明党の知るところとなり、出版社に圧力がかかり、出版計画は中止となる。
 内藤氏は出版社を変更し、極秘裏に出版準備をつづけたが、印刷工程でゲラが創価学会にわたった(業務上横領の疑い)ようで、公明党の竹入委員長が30数箇所の書き換えや削除を要求してきた。
 さらに、国際勝共連合の背後にいた右翼の頭目の笹川良一が内藤氏に「わしは公明党に前に一度恩を受けている。本はおれが全部買いたい」といってきたことも明らかにされた。この本は69年5月に出版されたが、大手取次店は配本を拒否し、小売店に宣伝して注文をとるという方法で、わずかに世に出された。(『前衛』03年11月号)

藤原弘達『角栄、もういいかげんにせんかい』(講談社刊)から
 (内藤国夫、植村左内、隈部洋らが出版の妨害を受けていたので)こうした創価学会・公明党の言論弾圧を目のあたりにするにおよんで、私のこの種の圧力に対する反抗心は、いやがうえにも盛り上がらざるを得なかった。(中略) 戦中派の私としては、いいたいことも満足にいえない時代に多感な青年時代を送り、戦後になってやっと自由の世になったと思っていたところに、こうした言論に対する暴力的ともいえる抑圧である。人間としての自由まで束縛されるとあっては、黙って引っ込む気にはなれなかった。

-----------------------
自由な言論を封殺する手法は 今も変わっていないのです。ですから 断固抗議し続けなければならないのです。
スポンサーサイト
【2005/04/16 12:05】 | 事件・裁判 | トラックバック(0) | コメント(8) |
| ホーム |
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。