スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
鬼嫁上等
鬼嫁上等!
 なんて 私が書くことではないのですけれど、やはり 創価学会旦那様に 嫁ぐ場合「鬼嫁上等! 魔で文句あるか!」位の気概を持たないと やっていけません。

 旦那様が一家親戚 創価家族だった場合、自分だけ未入信だと 疎外感を持ちますし、旦那さんが間に入ってくれないと、辛いです。旦那さんになる人が 信頼できるか、自分を守り通せるか、信心しないことを 許してくれるか 約束を守ってくれるか が鍵です。好きで好きでたまらないから 私が妥協しても、私が入信さえすれば と思いがちですけれど、一生のことですし、信仰も合う合わないがあります。

 次に 旦那様がどれ位の活動家が 問題です。1週間の内 どれくらいを活動に当てているか? 財務(寄付)はどれ位しているか 等も考慮に入れるべきです。活動しているって事は 社会との軋轢もあるということです。たとえば 近所に選挙・新聞・署名のお願いに行っていたりします。創価学会一家の嫁 という事に耐えられるか、近所との関係は良好か、そして 住む家は拠点(活動場所)ではないか が問題となってきます。自分が病気で倒れていても 身重で出産が近くても 子どもが病気でも 活動に行ってしまう人なのか、きちんと見極めるべきです。

 それ程の活動家でない場合は、親戚の圧力が問題となってきます。結婚式は人前式でやるのか?自分の両親 親戚に折伏や新聞のお願いをしないのか。子どもの問題も 大事です。入信はせめて 自分で判断できる年になってから、の方がよいです。七五三は神社でやって良いのか。お祭りには参加して良いのか。

 結婚は 契約だと思います。彼氏の前では かわいい子でいたいでしょうし、義理のご両親の前では 良い嫁でいたいでしょう。でも ここのところ押さえておかないと、あとあと苦しい立場になりそうです。

 追記:男性が創価学会員で 女性が外部というのは とてもリスクがあります。反対の立場だったら 離婚になっても、自立することは易しいですが、女性が子供を抱えて生活することは 難しいです。最近は結婚した後や、妊娠後に「創価学会員」と打ち明けるケースが 多く、身重の女性に 入信を迫ったり 暴力をふるう事例も 多く見受けられます。

 男性が創価学会員だった場合、「どれだけ 女性の立場で考えられる人か」「自分や宗教を絶対と思わず、世間並な視点も持ち合わせているか」「追いつめられたときに 自分は悪くないと開き直らないか」そんなことも、充分観察する必要があります。
スポンサーサイト
【2005/06/24 18:45】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(31) |
自分の中の 汚い部分

 自分のblogでは 汚い心を排除して なるべく優しい気持ちで書こうとしている。でも 実際の私は 汚い心も 持ち合わせているし、人間関係の嫌らしさに閉口していることもある。今日は自分でも もてあましている心の部分を吐露してみよう。

 創価学会放棄宣言に ある方がこんな事を載せていらした。

一人くらいゴミを捨てても地球は腐らない。
じゃあ、この人のことは好きだから、ゴミを捨てても許してあげよう。私が拾ってあげればいい。
そういうコトです。
それは違う。一人がゴミを捨てるところを見れば、見た人の中でゴミを捨ててはイケナイという気持ちが減ります。
そしてゴミを捨ててはイケナイ、という事が対して大事な約束ではなくなっていく。
私は自分の目の前にある現実が、世の中すべてに与える影響を、自分の力で受け入れることは出来ないんです。


見たときに 唸った。まさしく 私が感じていて 表現しきれなかったことだ。
ぎりぎりの選挙違反かもしれない行為も 聖教新聞を近所のポストに入れる行為も 強引な折伏も ほんと 些細なことだけれど、つもりつもっていけば やはり世間の迷惑だ。

福岡の 山拓さんの選挙当選も 民意とはかけ離れたものであろう。そして それが起爆剤になり、人権擁護法案が可決されたら、創価学会、朝鮮問題に苦しむ方々の声は かき消されていくだろう。

一人一人の 罪は ほんのかすかなものだろうが、被害は甚大であろう。そうなったときに 私は創価学会信者という方々を許すことは出来ないであろうし、反創価も 創価学会信者も 仲良くやっていこうという 提唱は 片腹痛いと感じている
【2005/06/19 13:45】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(1) |
| ホーム |
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。