スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
法華経は釈迦の直説ではない
「法華経は釈迦の直説ではない」について 調べてみました。

富永仲基(とみながなかもと、正徳5年(1715年) - 延享3年8月28日(1746年10月12日))は、江戸時代大坂の町人学者。懐徳堂の五同志の富永芳春(道明寺屋吉左衞門)の3男。通称、道明寺屋三郎兵衞、号:南關、藍關、謙斎。
 懐徳堂で弟の富永定堅とともに三宅石庵に学ぶが、独特の加上説によって儒教を批判したため破門されたという。

出定後語(しゅつじょうごご・しゅつじょうこうご)は、富永仲基の主著。延享2年(1745年)に刊行された。
本書のもっとも特徴的な主張は、「加上」と呼ばれる法則の提言である。仲基によると、新しい学説は、古い学説の権威を乗り越えるため、自説をより古いものと見せかける。たとえば儒家が文王や武王を宣揚すると、これに対抗すべく墨家はより古い禹を持ち出し、さらに儒家がこれに対抗してより古い尭・舜に自説をかこつけるといった具合である。
仲基はまた、まず小乗仏教が先行し、それに対抗して大乗仏教が加上されたとし、つまり大乗仏教を後世に作られたものと断じた。このことによって本書は仏教界から攻撃され、一方で平田篤胤などはこの書を賞揚した。

大乗非仏説
【説の諸相】
大乗思想に対しては、はやくより上座部の立場より疑問が提示されていたが、近世以降の「大乗非仏説」説では、文献学的考証を土台とし、仏教が時代とともにさまざまな思想を取り入れ、変化してきたことを示そうとするのが特徴である。文献学的考証では、原始仏教、原始仏典という概念を想定し、阿含経典に最初期の教えが含まれているのではないかと想定されている

法華経の教え
法華経が成立したのは、釈尊滅後500年ほど経た紀元100年前後といわれており、さらにその一部は後に順次増補されたと見られています。実はこの年代については、明治期以降に発達した近代文献学研究によってほぼ明らかになったもので、それ以前は実際に釈尊が直接説かれたものと信じられていました。そこで問題となってきたのは、それでは法華経は釈尊の金言でもなければ仏説でもないではないかという疑問です。これは法華経に限らず、華厳経や般若経、浄土教経典など他の大乗経典にも全て当てはまります。いわゆる大乗非仏説です。そうした考えの一端は、早くも江戸時代の富永仲基や平田篤胤といった国学者からも指摘されていました。

しかし非仏ということでいえば、現在伝えられている仏教経典はどれも釈尊が直接書かれたものではなく、全て仏弟子やその後の仏教徒集団が作ったものなのです。最も古いとされている阿含経などの原始経典にしても、釈尊滅後200年頃までに逐次成立したと推定されており、これらは釈尊滅後の教団における信仰的依拠として、弟子たちがそれぞれ釈尊の言葉や教えを記録しようとした仏典でした。その意味では後の大乗経典の作成意図も同じです。ただ初期教団(上座部仏教または小乗仏教)やその経典が組織強化のために戒律重視の禁欲的傾向を強めたのに対し、より自由な仏教思想を求める様々なグループによる大乗経典が誕生したというわけです。
スポンサーサイト
【2006/02/10 20:22】 | 仏教 | トラックバック(0) | コメント(21) |
| ホーム |
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。