スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
信濃町
学会本部見学に行くことになった。信濃町の駅について 驚いた。駅前から 学会色で溢れていたのだ。店先には 学会の三色旗が売られていた。本屋さんには 学会の本のポスターが 貼られていた。

 学会本部は 駅から歩いて 10分くらいだろうか。大勢の人達が 学会本部へ 歩いていたし、帰ってくる人達とも すれ違った。途中の道にも 学会の青年部と思われる男性が 道案内をしていた。この方達は ボランティアでやっているのだろうか?

 地域の会館の警備は ボランティアの青年部がやっている。会社の仕事が終わってから・休みの日でも、会館の警備に つかなくてはならない。小さな子供を抱えている奥様の嘆きを 掲示板では見かける。

 会館内は 1階がエントランス、2階は 小さな講演会場や、休憩所があった。フロアの半分は、寄付を受け付ける場所であった。3階は 御本尊様に向かって 会場全体で唱題をあげていた。必死で唱題をあげている皆の姿に 圧倒されて、そそくさと階下に下りた。

 近くの聖教新聞社、池田氏住居、民音本部などにも行った。ひとつの街が 学会の主要な建物で覆い尽くされている感じを受けた。池田氏住居の前には、ひとりの猫背気味の青年が立っていた。彼は 白いシャツ黒いズボンと 創価学会警備の人達の 服装とは違った。灰色のシャツで 下を向いて 電信柱の陰にそっと立っている。池田氏自宅は 玄関しか見なかったが、普通のお宅で 人の気配を感じずひんやり と感じた。本当に池田氏が住んでいるのなら、警備があまりにも手薄だ。

 帰りの電車の中で、釈然としないものを感じていた。ひとつの街が 学会によって 買い上げられている。学会の財力を見せつけられた。キリスト教会が学会本部・民音の建物に挟まれるように ひっそりと建っていた。

 そういえば、私の地区の 創価会館も 閑静な住宅街の狭い道に囲まれて建っている。駐車場は狭い。集会になると 狭い道に路上駐車で溢れている。きっと周辺住民は 迷惑しているだろう。
スポンサーサイト
【2004/11/06 13:19】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<悪口は嫌いなのだ | ホーム | 2世>>
コメント
あのあたりに住んでる非学会員の方、居心地悪いだろうなあ。
【2006/09/23 13:23】 URL | モモ #-[ 編集]
聞いた話で、見たわけではないですが、
ひっそりとしたお家(表札がかかっている)方は、見せかけ?らしく、ちょっと行ったところに、家は壁で覆い尽くされ、カメラやいろいろ防犯システムがくまなくされている家がある、と聞きました。

信濃町の駅、見てみたい気がしますね・・・
ちょっとだけ。私は関西在住なので奈良の天理駅は何回か見たことあり、そこも、まぁ、少し違った感じは受けましたが・・・
【2006/09/23 13:24】 URL | あちち #-[ 編集]
信濃町、何度か降りたことありますよ。
会合で行ったのは大昔一回だけですけど。
降りるとそれらしき雰囲気の方がいっぱいいらっしゃいます。
【2006/09/23 13:24】 URL | モモ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://free1zu.blog76.fc2.com/tb.php/17-bd1ed83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。