スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
何故か 本やビデオを置いていく
 それからというもの ご近所のAさんは 本やビデオをもって ウチを訪問することが多くなった。普通なら 「興味ありませんから 持ってこないで下さい」って言いそうなものだけれど、Aさんは とても人当たりがよく、面倒見のいい人だったので、だまって受け取った。

 ビデオはそれ程 見ることができなかったけれど(TVを占領されているので)、本は読んだ。「人間革命」と「ナイチンゲール」の話だったと思う。どちらも 著者は池田大作氏。「ナイチンゲール」の本は すぐ読めた。なかなか感動的であったと思う。過酷な条件の中で、身を粉にして働き、その中で 死んでいく人々の最後の言葉を 家族に手紙で書き送った事が記されていた。

 「人間革命」は全巻は読んでいないが、5巻までは読んだ。創価学会第一代会長 牧口常三郎氏と第二代会長 戸田城聖氏が いかに軍部と戦い、戦争に反対し 学会の信念を守り切ったかと言うことが 記述されていたと思う。

 記憶に残っているのは 戸田氏が「日蓮大聖人の御本尊(前述の南無妙法蓮華経の紙)を祈らなければ どんな御本尊を祈っても 幸福の境涯にはいたらない」と言っていることである。

 「人間革命」は良くできた本である。権力と 真摯な姿勢で戦う学会員の姿が 書いてある。感情移入しがちであるが、小説である。今は そう思えるが 何の説明もなく手渡された時は、忠実な学会の歴史だと勘違いしてしまった。
 
スポンサーサイト
【2004/10/25 06:09】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<折伏が 始まった | ホーム | それは 突然の訪問からはじまった>>
コメント
摯な視点がレポしてください!(でも取り込まれないでください。。)
【2006/09/23 06:30】 URL | wilhelm #-[ 編集]
「選挙前になると 電話をかけてくる 不思議な人達。」
ああ、経験あります。
タイトル素敵です。

誘われて、後学のためにと思って行ってもいいかな?友達だしとかチラと思ったけど、
関わりを持つと私の性格上、あとで断るのが
大変になると思ってお断りしました。

不思議なことばかりで、聞いてみたいけど、
遠慮してて近寄りがたいところがあります。
今後を期待してます♪
【2006/09/23 06:30】 URL | てるみ~ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://free1zu.blog76.fc2.com/tb.php/2-59fb076f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。