スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
しなちく体験記⑥
私の父が亡くなったときの話です。
結婚前でした。
今の夫とお付き合いしていたのですが
夫は私に質問をしてきました。
夫「お父さんの顔色はどうだった?口はどうだった?」
疑問に思いながらも説明をすると
夫「なら天界に行けるから大丈夫だよ」
と言ってました。
何の事か分かりませんでしたが
「天国に行ったんだよ」と言ってくれたのだと解釈していました。

後から知りました。このような教えがあるのです。
『十如是
如是相―外面の姿であり、物質・肉体です。
例えば、臨終の時に色が黒くなるのは地獄界の相であり、
色が白くなるのは天界の相を示す等が如是相です。』

それを知ったのは結婚をしてからです。
本当にショックでした。
夫は普通に私を慰めるために言ったのでしょうけれど
亡くなった人の顔色で天界か地獄界かを判断するような
そんな罰当たりな事をよく出来るものです。
私の父の顔色を伺うなんて、そんなことで父を判断するなんて
許せません。
私の父は、苦労も多かったけれど素晴らしい人間でした。
父の生き方を知らない人に顔色で判断されたくありません。

それから
そういう話を聞く機会が何度かありました。
「退転者だったからヒドイ面相だった。地獄界の相だった。」
「亡くなった夫は、病気でとても苦しんだけれど
信心していたから亡くなる時は安らかで天界の相をしていた」
などなど
夫の母の話や、脱会時に説得に来た婦人たちの話です。

「天国に行ったんだね」
「安らかなお顔をしているね」
など、愛情のある言葉なら分かります。
地獄界の相まで言いますか?
生きている人間が知る由の無いことまで言いますか?
亡くなった方への冒とくではないでしょうか。
人間として恥ずべき行為だと自覚してほしいものです。

私が死んだらいったいどうなるのでしょう。
創価学会葬は嫌なので遺書を残しておこうと思っています。
葬儀の時に
「脱会者だから地獄界の相だ」とか
言われるんでしょうね。
亡くなった方が和やかな気持ちで逝けるように
優しい気持ちで見送ろうと思えないのでしょうか。

自分の納得のいかないことに責任を持てません。
それに
自分にとって納得のいかない状態でいると
自分自身が不安定になってきます。

ですから名前を消してもらったのです。
一線を引きたかったのです。

今、自分の立っている場所に自信を持って生きていきたいです。
自分にとって嘘のない場所に
いつも立っていたいです。

脱会できて本当に良かったと思っています。

自分にとって創価学会が誇りだという人は
それはそれでいいと思います。
私には合いませんでした。それだけです。
長々とすみません。

freeさん、読んでくださった方
チョンガーさん、相談に乗ってくださった皆様
ありがとうございました。心から感謝いたします。
スポンサーサイト
【2005/01/26 19:44】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<カルト宗教のトラブル対策 | ホーム | しなちく体験記⑤>>
コメント
2005-01-26 18:44:07

しなちくさん、はじめまして。
アピーズと申します。

体験記、拝見させていただきました。
いろんな意味で 考えさせられること、沢山ありました。

結婚相手、その両親、兄弟、親戚が学会員である場合、精神的負担はとても大きいように思います。
私の主人もそうでしたから。
私はどんな些細なことでも 主人の仕事や健康面についてのマイナス発言は、両親にしないようにしていました。
私の親は、私達夫婦に何かあれば それを理由に主人を入会させようと考えてましたから。
何か災難がればいいと思う(願う)親をどう理解したらいいものか。
また私は退会するまで5ヶ月近くかかりましたが、もしかして陰で親が何かしているのだろうか、と疑うことさえしました。
そんなふうに考える自分が嫌でしたね。

それと脱会者氏名の名簿からの削除は当然のことです。
私は家に訪ねてきた学会員に一度確認しましたが、「多分、削除されてますよ。」となんだかあいまいな返事でした。
本部でどのように扱われているのか、不信感でいっぱいですが、確かめようがありません。
そういう気持ちにさせる学会の体質に問題多々ありです。

しなちくさん、これからの親戚付き合いは大変かと思いますが、御主人様との幸せを一番に、と思います。
【2006/09/24 10:36】 URL | アピーズ #-[ 編集]
2005-01-27 11:40:17

アビーズさん
ありがとうございます。

私も夫の母には弱音を吐けません。
夫の母と お話をしていても私を「否定」したいのが伝わってきます。
それと同じように
私も相手を認められない部分があるのですから
お互い様なのですけどね^^

>何か災難がればいいと思う(願う)親をどう理解したらいいものか。
夫の母も、脱会者が災難に見舞われた話をイキイキと話してきます。
私が脱会した後も・・・。

夫の母も良かれと思って行動しているので
創価学会という組織に怒りを感じます。

>しなちくさん、これからの親戚付き合いは大変かと思いますが、御主人様との幸せを一番に、と思います。
ありがとうございます。本当ですね。
大事なことを見失う事が多い私ですので、見失わぬよう気をつけたいと思います。
暖かい言葉をありがとうございます。
【2006/09/24 10:37】 URL | しなちく #-[ 編集]
2005-01-27 13:42:41

freeさん。あなた色にいるニコです。
お邪魔します。いつも拝見させていただいています。
しなちくさん。初めまして。体験記とても良かったです。私も色々考えさせられました。

>私には合いませんでした。それだけです。

この言葉がとても響いてきます。
それだけの事が学会側には通じないからいろいろな意味で大騒ぎになるのですよね・・・

私は3世でここ数年かかってやっとしなちくさんの書いてくれた言葉のように思えるようになりました。
子供の時から「家は学会とご本尊があるから何事もなく無事に暮らせる」とか「信心してるから大丈夫」とか言い聞かされて育てられました。
何も知らない子供の時からです。
この世でもっとも愛し信頼し頼っている親にそういい聞かされて育てられればそういう物だと思いこんで当然ですよね。
理屈を抜きに人殺しはいけないとか人に迷惑をかけるなとか教えるのと同レベルで教え込まれてきました。
そんな訳で悪い事が起きるのは信心が足りないからとか、こんな事していたら何か良くない事が起きるのでは?とか、とにかくもう何かにつけては、日々の出来事の善し悪しに異常なほど敏感な人間に育ってしまいました・・・
でも、生きていれば大変な事はあるし、病気も事故もあって当然。特別な事ではないんだという事がやっと理解と言うか、思えるようになりました。

学会員に災難が起これば都合のいいように解釈し、脱会者・反対者に災難が起これば仏罰といい・・・
アホらしい事なんですけど、当の本人は必死なんですよね・・・厄介ですよね。本当に・・・

長文失礼いたしました。
これからも頑張って下さいね。私も頑張りますw(何をかしら?w)
【2006/09/24 10:38】 URL | ニコ #-[ 編集]
2005-01-27 17:46:02

よく、学会では葬儀に参列した方が故人の顔を見て、成仏の相の判断をしたがります
私も、何度も学会葬には参列しましたが ほんとに眠るような顔だったり、笑顔に見えたりしましたが、学会葬以外の、葬儀でも そんな顔の方もいらっしゃいました
ばりばりの活動家でも、あまりきれいな死に顔だとは、言えない方もいらっしゃいましたし それが成仏していないと、決め付けるのも故人に対して、とても、失礼なことです
一言で、判断するのは、難しいのではないかと
思います 故人に対して、失礼だし、学会葬は 少し覚めている部分が多いのです
学会式の、法則みたいな事を言い出すと
限がなく、腹立たしく、失礼極まりないことが多いので、これから、しなちくさんも学会員の御主人と生活する中で、意に沿わない面がたくさん
出てくると思いますが 自分の選ばれた、御主人の事を信じて、御主人のことを見守ってあげてください。

外野など、所詮、何もしてくれないし 御主人とお子さんと、仲良く楽しく また、しなちくさんの様に悩まれている方の力になってあげてください
【2006/09/24 10:40】 URL | ななこ #-[ 編集]
2005-01-27 20:46:41

ニコさん
はじめまして。
>「信心してるから大丈夫」とか言い聞かされて育てられました。
最近夫の母が「(しなちく)ちゃんは脱会しちゃったけど 日蓮仏法に縁したのだから それだけでも自信を持っていいのよ」
と、言い方を変えて言ってきます。
少しずつすり込んでいこうという方法に変えたようです。全く理解不可能な言い回しで 目が点になりました。

2世3世の方は、また違ったご苦労がおありだと思います。
ニコさんの文章を読ませていただくと 「生まれ変わる」ような体験をなさったのではないかと想像します。
これからも、頑張ります。ありがとうございます。
ニコさんも頑張ってください^^

ななこさん
ありがとうございます!
>学会式の、法則みたいな事を言い出すと
>限がなく、腹立たしく、
>失礼極まりないことが多いので、
学会葬に関して、私はまだ詳しく知らないのです
どうぞご教授ください。
本当に、死に顔で判断するなんて 失礼極まりないですね。
夫とも創価学会のことでは真剣に話が出来ない状態です。まだ夫の宗教観も見えない状態ですが 優しい人ですので、私のことも理解してくれると思います。
ななこさんのお話も、今度聞かせてください。

最初のほう①でも、励ましの言葉を戴いていたのに お返事が遅くなってしまいました。すみません。
とても励まされました。
ありがとうございました!

【2006/09/24 10:43】 URL | しなちく #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/01/30 19:13】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://free1zu.blog76.fc2.com/tb.php/43-947e226b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。