スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
政教分離
 創価学会が 憲法に保障されている政教分離に違反している、していないという議論は あちこちで見る。

 憲法の解釈 と言う言葉で 色々と議論が分かれるところだが、解釈って くせ者だよね。いろんな 解釈の仕方があるから。○○は駄目 って言っているのに、これは○○の事は 入っていないという解釈をしている。でもさぁ、駄目って書いてあるのだから 普通の人は 駄目だよなってあきらめるのだよ。創価学会というところは、どうも でも こんな考え方もあるヨン、って偉い 学者さんに言わせているような気がする。ま 私の気のせいかもしれませんが。

 でも やっぱり 怖いなぁって思うのは、私が いくら この法案は 庶民のためになってないよね、年金100年安心プランは いつの間にか無くなっているよね、公明党からその説明はないよね、地域振興券は国の財政を悪化させただけだよね、歯科医師会からもらった1億円で橋本さんは追求されているけれど、坂口厚生大臣(厚生省)にもお金が行っているようだよね? 盗聴法は公明党も賛成したのだよね イラク戦争には賛成だよね  って公明党のおかしな所をついても 誰も 明確な答えはないし、そんなことを言う私の方が 悪いように攻撃をされてしまう。そんなことを言う私の命が汚れているとか 人格攻撃されたり。いや ちゃんと解るように説明下されば、何も言わないのに。

 あ 解りやすくお願いします。どうも よく解らない文章を頂くので すみません。小学生でも解るように お願いします。
 ただただ 日本に良くなって欲しいだけです。公明党が庶民のために 命を削るように悪と戦っているのでしたら 何も文句はありません。ただ、創価学会員さんは とても忙しいので 世界情勢とか 自分の応援している公明党員が どんな政策を打ち出して、本当にそれをなしとげているかとか 公明党が 国政にどんな影響を与えているかとか、田中角栄さんとの癒着とか いろいろ ご存じないようでしたから、私としては とても不安なのです。

スポンサーサイト
【2005/04/21 12:16】 | 政治・公明党 | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<政教一致 | ホーム | 言論出版妨害事件>>
コメント
2005-04-22 01:32:00

公明党の政治団体を兼務する創価学会ですから、政教分離は出来ませんね。創価学会が選挙で公明党を応援する限り政教分離の問題は常に灰色です。

疫病神の自民党は金権腐敗政治を改めず、こんな政党を選挙応援する公明、創価学会は、を考えているのですかねぇ。

自公連立政権に日本の将来は100%ありません。国の借金減らせ、自民・公明さんどうするのですか?
【2006/09/24 13:07】 URL | かずま #-[ 編集]
2005-04-22 15:26:11

人権擁護法案 をごり押しするあたりが、まったくもってNGですね。
良識ある党なら反対すべきです。
また韓国や中国に媚びすぎです。
真偽のほどがまったく分かっていない南京虐殺記念館に青年部が行ったり、彼らの歴史認識はどうなっているんでしょう。
言うべきことはちゃんと言ってくださいね!
創価のかた。
【2006/09/24 13:08】 URL | モモ #-[ 編集]
2005-04-22 19:10:26

もう気分が悪いです・・・
こんな法案が通ったら、それこそ創価の本領発揮。ではないでしょうか?

今までは組織の中の身内同士で牽制しあっていたのが、世の中にまで広がるんですよ!!
会合で、幹部に、同士に、創価の疑問点や問題点を質問しただけで、罰当たり扱いされる・・・あの嫌な仕組みが一般社会に応用されていく・・・
それも、法と人権と言う名の下に・・・
恐ろしいです。
マスコミは見事にスルーしていますがそれもまた、恐ろしい話です。

どうにかしないと!!!
ちなみにコピペですが
次の日程が出てきました↓ 26日のようです。

http://www.jimin.jp/jimin/main/kaigi.html

4月26日(火)
◆政調、法務部会
 午前8時 本部701室
 人権擁護法案について
【2006/09/24 13:09】 URL | ニコ #-[ 編集]
2005-04-23 02:00:39

政教分離の原則からいっても、憲法の条文でも、宗教団体は政治上の権力を行使してはならないって、なってる筈なんですけど。

公明党って宗教団体創価学会が創った政党なのに政党を構成してるのも、ほとんどが信者なのに、なんでOKなのか、とてもわかりにくいです。

国会の議事録なんかをちらっと見てみた感じでは「創価学会と公明党は法律上は、別団体」っていうのが、違憲とされない理由のようですが

法律上…とか、そうゆう、法のすきまをつくようなインチキ的なことを宗教団体がやってるってゆうのが、なんか余計にはらだたしく思います.
【2006/09/24 13:11】 URL | ち #-[ 編集]
哲学者:田辺元  2005-04-23 9:50:51

「宗教は、かくして民衆を陶酔せしめるアヘンとなる」(田辺元、懺悔道としての哲学)

田辺 元(たなべ はじめ、1885年2月3日 - 962年4月29日)は、東京都生まれの哲学者。旧字体で表記した場合は田邊元となる。西田幾郎と共に京都学派を代表する思想家。父は東の開成中学校・高等学校の校長を務め、逗子成中学校・高等学校や鎌倉女学院を設立した田辺新之助。著書に、『哲学入門』、『哲学通』、『懺悔道としての哲学』などがある。「種の論理」しくは、「絶対媒介の哲学」を唱え、晩年には懺道を説くも、日本の戦争責任を懺悔道という捉ようのない普遍の中に解消してしまったとの批もある。晩年、作家の野上弥生子と密かな恋愛関にあったことが最近判明。その往復書簡300通りが岩波書店から刊行されている。田辺の弟子辻村公一、高山岩男などがいる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

人間らしく生きるために宗教心は必要ですが、新興宗教団体になると非常識(異常)なことをするのはなぜなんでしょう。
創価学会は新興宗教であることは確かです。
【2006/09/24 13:13】 URL | かずま #-[ 編集]
2005-04-24 16:57:08

はじめまして、フルナと申します。
-------------------
■第20条
 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
-------------------
残念ながら、現在の憲法解釈では合憲です。角度を変えて見れば、学会=公明党の方が国民にはわかりやすいと思います。これが、例えば学会が自民党の一大支持勢力だったりしたら、知らないうちに学会の意向が政治に反映されてしまいます。

でも、学会=公明党なら、今話題の人権擁護法案を公明党が推進しているという事実により、学会のおぞましさがある程度国民にもわかりますよね。

「政教一致」で学会を批判しても、向こうは痛くも痒くもありません。せいぜい、「決着済みの問題をぐずぐず言っている」と笑われるだけです。それより、宗教的な理念を公明党が政治に反映させていないことを責める方がよほど効果的です。
【2006/09/24 13:15】 URL | フルナ #-[ 編集]
2005-05-07 21:46:38

天木直人(あまきなおと)前駐レバノン国日本国特命全権大使 

天木直人事務所 http://amaki.cc/

メディアを創る 2005年5月7日

創価学会を信者はイラク戦争をどう考えているのか

 私には特定の宗教に対する思い入れも何もない。創価学会がどのような宗教団体かも関心がない。しかし創価学会の政治機関である公明党は、小泉自民党と連立政権を組んでイラク攻撃を認め、武装した自衛隊のイラク派遣を認めた。その一点において、創価学会は私にとって許す事の出来ない宗教団体となった。 自民党と連立政権を組んでそれまでの主義、主張をあっさり捨て去った旧社会党の政治家を、私は何があっても許さないのと同様に。
 7日のしんぶん赤旗に、創価学会の機関紙「聖教新聞」が、共産党が「宗教者9条の会」と一緒になって平和を訴えていることについて、「坊主にへつらう唯物主義者」、「共産主義を信ずるなら全宗教界を批判せよ」、「それが出来ないのは時代遅れの馬鹿だ」などと罵倒しているという記事がのっていた。
 共産党と創価学会が天敵関係である事は知っている。共産党の機関紙である赤旗の記事をすべて信用する気は私にはない。しかしである。
 共産党は米国のイラク戦争に一貫して反対してきた。それと対照的に創価学会は公明党をして自民党と連立政権を組ませ、米国に占領されたイラクに日本の自衛隊を派遣させた。
外交官生命をかけて米国のイラク戦争に反対した私は、あの戦争だけは許さない。あのイラク戦争は誰が何と言おうと歴史に汚点を残した誤りであった。その戦争に加担する者は、誰であっても許さない。創価学会もそれに従った創価学会員も、イラク戦争に加担してイラク人の虐殺を認めたという意味で、私は許さない。
ただでさえ許せない創価学会が、赤旗が報じるように、イラク戦争に反対する共産党を「時代おくれの馬鹿」などという卑劣な言葉でののしった事がもし事実であれば、私は生涯をかけてその言葉を忘れないだろう。何故ならばそれはイラク戦争を批判する私に向けられたこの上ない悪罵に他ならないからだ。

【2006/09/24 13:17】 URL | かずま #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://free1zu.blog76.fc2.com/tb.php/56-dd2787fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。