スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
世界で賞賛されている創価学会と言うけれど
「世界中で賞賛されている創価学会」「日本人は宗教に偏見を持っている」「嫉妬と島国根性の日本人」という話を 創価学会内部ではよく聞く。

 本当にそうなのだろうか?
 
 例えばインターネットの検索エンジンを使うと 「soka cult 」で 27000件強 「SGI cult」では 95700件 「hounohana cult」では6件「oomu cult」152件 「ehoba cult」では404件
 創価学会 ヒットしすぎ。(笑)
 英語が堪能な方は 読んでみられると良いでしょう。

 フランスで創価学会が セクト指定されたのは 有名だが、「フランスの国民会議で決議されたセクト(カルト)リストに創価学会フランスの名前があるのは事実であるが、フランスに誤解されているからだ」との創価学会側の主張。
フランスのカルト指定の経緯
2001年12月13日、創価学会が負けた サヴォア地方の有力地方紙「ドフィネ・リベレ」 名誉毀損訴訟では
「メンバーは教化と罪の意識で、あらゆる反対意見を放棄してしまい、少しずつ創価学会がその人生を侵略する」というように創価学会のもつマインド・コントロールの恐怖が正面からとりあげられた。

 セクトによる個人の危険性
1.精神の不安定化
(自己喪失・依存性・重度の無力感・抑鬱感・など)
2.法外な経済的搾取による損失
3.家庭や社会からの断絶/社会への不適合
4.虐待・暴力・監禁・不法医療行為・性的暴力
5.「児童徴用」・子供の人権への収奪行為

 実際 精神科へ通われる創価学会の方の声が 多く寄せられている。

 池田氏は よく世界の識者と対談する。
 ただ トインビー博士のお孫さんは 「祖父は晩年 創価学会に利用された」と英国のインタビュー記事が残っている。

 学者は往々にして 世間知らずで研究のためなら 目先の事にとらわれない愛すべき方々が多い。だが 民衆に多くの犠牲を強いている権力者に利用されて その力を装飾する装飾品になってしまったら、彼が 力をなくしたとき、その学者・芸術家は 民衆から指示されなくなり その恨みは子孫にまで及ぶ事は 歴史に 学ぶべきであろう。

 物事には 光と影がある。光の部分ばかりを見ていると、影は全く目に入らないだろう。だが、影の部分 底辺にいる人達の声を無視し続けると、手痛いしっぺ返しを食らうであろう。

スポンサーサイト
【2005/12/15 21:06】 | カルト | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<法華経は釈迦の直説ではない | ホーム | 立正安国論プロジェクト>>
コメント
フランスの事例。
WikiSourceにフランス政府セクト対策一覧
として日本語訳をまとめてます。
まあ一部の専門家やオタクくらいしか読まないと思うけど。紹介だけ。
【2006/10/27 04:23】 URL | s #-[ 編集]
情報 ありがとうございました
http://ja.wikisource.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%88%E5%AF%BE%E7%AD%96%E4%B8%80%E8%A6%A7

こちらですね。

VIPPERの方の カルト対策小冊子の翻訳も見付けました。
http://vip.neontetra.net/wiki/66.html

【2006/10/27 16:05】 URL | free #-[ 編集]
意見書等 Subject:1999-03-26
反社会的な宗教的活動にかかわる消費者被害等の救済の指針
のP11に少しだけフランスの事例が紹介されています。

フランスのセクト対策については
http://www.relnet.co.jp/kokusyu/brief/kkouen1.htm 日弁連がフランスのセクト対策について視察団をだしたのですが、それに同行した毎日新聞記者の講演が一番わかりやすいです。
【2006/11/14 15:33】 URL | s #-[ 編集]
創価学会、池田大作、公明党は消滅してほしいhttp://jbbs.livedoor.jp/school/13023/
【2006/12/24 00:39】 URL | あき #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://free1zu.blog76.fc2.com/tb.php/67-72be5707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。