スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
恋愛講座
あまりにも 恋愛問題で悩む方が多いので、以前の記事を再投稿し直します。

 けっこう きつい事書いておりますが、創価信者の方との恋愛は「何も心配いらないよ、頑張れ」とは言えません。特に結婚を機に入信を迫る輩は 信仰の意味が分かっていないようですね。「信心」と「結婚」は天秤にかけていけないものです。素晴らしい信心だったら、そのうち一緒にやってくれるさと どーーーーーーんと構えていて欲しいものです。自信がないから 結婚をエサに信仰を迫る かっちょわるーーーーい 人にならないようにして頂きたいですね。
------------------------------------
 さて ちょぼちょぼの恋愛経験と そこそこの人生経験を持つ freeがお送りする恋愛講座。細木さんのように ばったばったと切り捨てたいところですが、そこは 小心者。「ごらぁ 別れちゃったじゃないか」と怒鳴り込まれても 当方は 一切責任持てません。おぉ 何とヘタレ~。{/dogeza/}

 創価学会員さんの【熱心な信者 彼氏の場合】彼が求めるのは 所謂 林家パー子さん。なんでも 旦那さんのことを立てて、追従するタイプ。特に「信心を迫る」彼は 一緒に信心して、奥さんも そこそこ 活動をするタイプを要求します。自我を捨てても 彼氏に尽くすという 良妻賢母で自己犠牲の精神 豊富な方は 耐えられるかも。分娩中でも、子どもが熱を出しても、自分が死にそうでも 学会活動に送り出す事が出来る人が 理想です。子どものためには「入信は物心ついてから」 としたいところですけれど…。

【熱心な信者 彼女の場合】彼女が求めるのは 彼女の信心を邪魔せず、出来れば 一緒に信心してくれる 自己主張の全くない 尻に敷かれるタイプ。ここで上の例と 共通するのは自己主張無い・自己犠牲ですね。全く 社会情勢・政治には興味がない人が 良いです。政治に興味があると、公明党のぼろが出てしまいますから。
 旦那様になる人へのアドバイスとしては、お財布は 奥様には まかせない方が良いです。貯金をすべて財務に 寄付して「みんなの幸せのためにやったのに」となることもあります。あと 活動時間は 制限し、子どもは 一定の年齢に達してから 本人の意志で入信というお約束は 取り付けておいた方が良いです。

【そんなに 活動していないが 学会組織信仰はもっている人達】 一番やっかいかもです。一見 普通の人ですけれど、突然 スイッチが入ると 攻撃的になり「みんなの幸せになるためにやっているのに、どうして 学会を悪く言う」のと ヒステリックになる可能性もあります。あと 子ども時代に 普通の家庭と違い 充分な愛情と親のしつけを受けていないので、ビックリするような価値観の相違や考え方をすることがあります。感情を表に出すことが苦手で、気に染まないことがあると、黙って何も言わなくなる方も居ます。

 3タイプに共通するのは 自己犠牲、忍耐、そして 優しく教え諭す姿勢です。創価学会員さんと上手く結婚生活をしている 非学会員さんは 自分のスタイルを確立し、許容範囲と互いに不可侵(ココまではしてはいけないという協定、たとえば財務の金額、活動時間、新聞の勧誘)をもち、仏教 社会情勢 政治などを勉強して居る方のようです。

 たくさんの 恋愛情報を見て 一般的なことを言いました。そうはいっても あきらめきれないのが人情です。自分を責めないよう、自分を一番に考え 大切にしてあげて下さい。あなたの 苦しい選択、今悩んでいる時、絶対 後の人生において無駄にはなりません。
スポンサーサイト
【2005/02/14 19:39】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(17) |
<<駄目な私 | ホーム | カルト宗教のトラブル対策>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2008/04/20 22:05】 | #[ 編集]
質問があります
【2008/04/27 13:19】 URL | りょう #-[ 編集]
りょうさん、質問には答えられるものでしたらなんなりとお答え致します。

メールが良かったらfree-zu@mail.goo.ne.jp まで
【2008/04/28 15:50】 URL | free #JalddpaA[ 編集]
はじめまして。付き合ってまだ日は浅いのですが、彼氏が学会員です。付き合う時に打ち明けられました。私や家族に勧めることはないと言っていますがいざ結婚とかの話になるとどうなるか不安です。(彼氏が勧めなくても他の学会員が来るとか聞きました)仕事もすごく前向きで明るい人なのでそれ以外に不満はありません。結構熱心にしているみたいです。私や家族に実害が無ければ熱心な部活動みたいなものと思っておこうと思うのですがこんな簡単なもんじゃないんですよね…。
【2008/05/29 14:52】 URL | 葵 #-[ 編集]
初めまして 葵さん

彼氏さんは交際前に創価学会と打ち明けて下さったのですね。そこには誠意を感じます。
最近は 結婚して子供が出来て「別れられないようにして」カミングアウトする例が 本当に多いです。

ただ、彼は活動家のようですね。活動家と言うことは 折伏・選挙活動・新聞啓蒙etcをやると言うことです。葵さんや葵さんの家族には勧誘しない約束しても、他の人には迷惑行為をやると言うことですね。

葵さんは「自分や家族にはやらないから いいや」と考えていませんか? でも例えば 罪にはならないけれどちょっとした社会迷惑なことをやり続ける人が彼氏(家族)だった場合、(道にゴミを捨てるとか)葵さんやお子さんも 迷惑行為をしている人と見なされますよね。

家族に一人でも迷惑行為をする人がいると、家族もだんだんと社会や友人知人から距離を置かれます。

葵さんは覚悟していても お子さんが気の毒です。
【2008/05/31 13:29】 URL | free #-[ 編集]
創価学会では「一家和楽の信心」の教えがあります。つまり家族全員が創価学会員であることこそ何よりの幸せだということです。

葵さんには入信を勧めないと約束しましたが、彼氏は「いつか解ってもらえる」と考えているでしょう。

創価学会の人は「嘘」とは思わずに「方便」だと自分に都合の良いように解釈します。そして葵さんが創価学会を受け入れられないという事実には目を向けず「創価学会を受け入れられない可哀想な奴」と切り捨て 「鬼嫁」「魔」と創価学会員の人たちと葵さんを追いつめるでしょう。

私も昔は非活動の人だったら 創価学会員でも上手くいくのではと考えていました。
しかし 創価思想に染まった人と共に生きていくことは難しいことが解りました。
【2008/05/31 13:36】 URL | free #-[ 編集]
http://freezu.blog76.fc2.com/blog-entry-11.html#comment211

創価学会体験記2というblogで私がなんとなくさんにコメントした内容をこちらにもコピーします。

>たとえば彼が生まれてから、大切な両親と大切にしてきたもの。
>理解はできなくても、大好きな彼を形成するひとつの要素に創価学会があるのなら。
>彼が求むなら、忌み嫌う必要はないと思う。

創価学会のわかりやすい問題点は「世法より仏法を優先する」ことです。
つまり 一般社会の法律よりも 組織の指導を優先させます。
創価学会は公明党という私党を持っています。それは冬柴氏も言っているように「池田名誉会長をお守りするための党」です。
創価学会活動家は選挙では、公明党を応援するための戸別訪問や電話依頼をします。
戸別訪問や未成年の選挙活動は選挙違反です。
創価学会が犯した 大きな選挙違反は http://blog.goo.ne.jp/free-zu/e/add04314ea2675185aa39bd3cf2133dd

また悪質な中傷ビラをまいたとして捕まった事例もあります。

(引用)悪質ビラ」撒きで高裁が指摘した「創価学会」関与

『週刊新潮』2月28日号より

今月13日東京高裁で下された判決。新聞・テレビでは一切報じられない、その内容が創価学会関係者に衝撃を与えている。
「事の発端は平成13年9月。妙観講を標的にした悪質な中傷ビラがバラ撒かれたのです」(妙観講関係者) 妙観講は、学会との確執が続く日蓮正宗の信徒団体で、学会にとっては目の敵というべき存在である。
「ビラには妙観講代表の顔写真がオウムの麻原と並べられ、〝淫祀邪教〟、〝狂信的カルト集団〟等々の誹謗中傷の言葉が並んでいた。それが杉並区中に1万枚以上も投函されました。」(同) さらに平成16年2月には東京、大阪など10都府県で、数日のうちに1万5000枚以上のビラが配布された。 妙観講は独自の調査で、バラ撒きを行った学会員数名を特定。この実行部隊と学会本体を相手取り、東京地裁に名誉毀損の民事訴訟を起こす。一審判決はビラを配布した会員達に対して計280万円の賠償を命じたが本体の責任は否定。その後、控訴審が行われてきた。
「今回の判決では、創価学会の業務としてビラの作成・配布が行われたことは認められなかった。しかし、〝創価学会のいずれかの組織を構成する相当多数の学会員がその意思を通じて関与していたものと推認することができる〟と組織的な関与を指摘しました。」(引用終わり))

「私は謀略ビラまいた」
“上からの指示”“違法の認識あった”
創価学会員が本紙に証言
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-08/01_02.html

創価学会に入会すると 上のような違反行為を行う選挙活動に駆り出されます。
なんとなくさんは聖教新聞を読まれたことがありますか? 寸鉄や4面座談会を読んでみて下さい。あのような言葉のメディアを子供には見せられません。その聖教新聞を友人知人に購読するよう薦めることを要求されます。

また創価学会2世3世は産まれたときから宗教の強制をされます。
参照url:創価学会2世3世を救いたい http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1210345750/
2世3世が学会のおかしさを確信した瞬間
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1211336314/

2世3世の苦しみを理解して、創価4世は作り出さない努力をして下さい。

創価学会は普通の宗教ではありません。
【2008/05/31 13:39】 URL | free #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
今、自分でもどうしていいか分からない状態です。誰に相談しても辞めといたほうが良いって言われます…。でもやっぱり彼の事が好きだし何とかなるよって答えが欲しかったりもします。引き返すなら今のうちのような気がするしもう引き返せない気もする。頭ぐちゃぐちゃ。もっと考えがまとまったらまた相談に来てもいいですか?
【2008/06/04 13:44】 URL | 葵 #-[ 編集]
葵さん

皆さん とまどわれ、心の底から苦しみます。
愛しているのに理解できない、受け入れられない。でも自分を追いつめないように、葵さんは少しも悪くありません。

一度に考えすぎないこと、たまには考えることを放棄して 今を楽しむこと。でも 答えは1年間以内に出した方が良いでしょう。

私で良かったらいつでも 書き込みをして下さい。
【2008/06/05 14:02】 URL | free #JalddpaA[ 編集]
こちらをたまたま見ていました。
2008年4月27日のりょうさんは、
放棄宣言に書き込んでいた私ではないです。
こちらに書き込んだ覚えがないし、IPが違うと思われます。

りょうという名前ではおもにあちらで書いていますので。
それとりょうという名前ではfreeさんのところ以外もう書き込んでいないのでご了承ください。

【2008/06/15 19:22】 URL | りょう #-[ 編集]
お久しぶりです。色々とコメントいただいていたのにその後すみません。
実は、彼と結婚する事になりました。ただしばらくは家が決まらず実家にいたので実感はなかったのですが、いざ一緒に住むってなって自分に覚悟が無い事がわかり(週に2、3回は活動する彼を理解できるのか・お仏壇を目に付くところに置かれてしまう・拝んでる姿を毎日見る・学会の人が家に来るのではないか…など)マリッジブルーのような状態になってしまいました。みんなに「今が一番幸せな時でしょう」って言われても愛想笑いしてる自分がいたりで一時期かなり不安定でした。
それで、はっきり言いました。一緒に住むなら学会をやめてほしい、やめないなら一緒には住めないと。
色々と話し合い私の両親も交えて話し合った結果、「やめる前提で活動しない、ただ部長なので今まで自分をみて入会(!!)してきた人達がいるのですぐに退会は出来ないがほとぼりが冷めた頃にやめます。」と約束してくれました。今後の動きに要注意だと思いますがとりあえずほっとしています。
何かあればまた助けて下さい。よろしくお願いします。
【2009/03/10 09:23】 URL | 葵 #-[ 編集]
葵さん 勇気を出しましたね。
ご結婚おめでとうございます。

でも葵さんがブルーになる気持ちがよく解ります。彼が「約束」を本気で守ってくれるまで、お子さんは作らないで下さい。そして葵さんも仕事をしていた方が良いです。
また 「退会届」は二人で出しに行かれた方が良いですよ。老婆心ながら「退会届」を出した後「入籍」して欲しいくらいです。

いつでも何でも仰って下さいね。
またレスを返さなかったとか気にされなくても良いですよ。大きな問題を抱えて不安でたまらない葵さんのお気持ちは充分理解しておりますから。
【2009/03/10 22:33】 URL | free #JalddpaA[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/06/14 04:52】 | #[ 編集]
こんにちは じゅんさん

別に笑いものにすることはありません。
ただ、あまりにも個人情報が書かれているので、公開は止めておきます。
ほら、池田大作先生をお守りするための個人情報保護法案があるでしょう。

そして自分で決められないから、沢山の方は私や経験者に相談なさるのです。

自分のことはなかなか解らないものです。
困れば困るほど、第三者の冷静な意見を聞きたくなるものです。

そんな方に 「自分で決めろ」だの「かかってこい」だのは
やはり取り次ぐわけにはいかないのです。^^
【2009/06/15 16:05】 URL | free #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/06/21 16:44】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/09/30 02:06】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/10/05 13:28】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://free1zu.blog76.fc2.com/tb.php/69-0f9978ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。