スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
世界で賞賛されている創価学会と言うけれど
「世界中で賞賛されている創価学会」「日本人は宗教に偏見を持っている」「嫉妬と島国根性の日本人」という話を 創価学会内部ではよく聞く。

 本当にそうなのだろうか?
 
 例えばインターネットの検索エンジンを使うと 「soka cult 」で 27000件強 「SGI cult」では 95700件 「hounohana cult」では6件「oomu cult」152件 「ehoba cult」では404件
 創価学会 ヒットしすぎ。(笑)
 英語が堪能な方は 読んでみられると良いでしょう。

 フランスで創価学会が セクト指定されたのは 有名だが、「フランスの国民会議で決議されたセクト(カルト)リストに創価学会フランスの名前があるのは事実であるが、フランスに誤解されているからだ」との創価学会側の主張。
フランスのカルト指定の経緯
2001年12月13日、創価学会が負けた サヴォア地方の有力地方紙「ドフィネ・リベレ」 名誉毀損訴訟では
「メンバーは教化と罪の意識で、あらゆる反対意見を放棄してしまい、少しずつ創価学会がその人生を侵略する」というように創価学会のもつマインド・コントロールの恐怖が正面からとりあげられた。

 セクトによる個人の危険性
1.精神の不安定化
(自己喪失・依存性・重度の無力感・抑鬱感・など)
2.法外な経済的搾取による損失
3.家庭や社会からの断絶/社会への不適合
4.虐待・暴力・監禁・不法医療行為・性的暴力
5.「児童徴用」・子供の人権への収奪行為

 実際 精神科へ通われる創価学会の方の声が 多く寄せられている。

 池田氏は よく世界の識者と対談する。
 ただ トインビー博士のお孫さんは 「祖父は晩年 創価学会に利用された」と英国のインタビュー記事が残っている。

 学者は往々にして 世間知らずで研究のためなら 目先の事にとらわれない愛すべき方々が多い。だが 民衆に多くの犠牲を強いている権力者に利用されて その力を装飾する装飾品になってしまったら、彼が 力をなくしたとき、その学者・芸術家は 民衆から指示されなくなり その恨みは子孫にまで及ぶ事は 歴史に 学ぶべきであろう。

 物事には 光と影がある。光の部分ばかりを見ていると、影は全く目に入らないだろう。だが、影の部分 底辺にいる人達の声を無視し続けると、手痛いしっぺ返しを食らうであろう。

【2005/12/15 21:06】 | カルト | トラックバック(0) | コメント(4) |
立正安国論プロジェクト
チョンガーさんが書いた立正安国論批判を読んだ。

 仏法も日蓮さんも ほとんど知らない私が 何を論じられるかというと、普通人の視点で見た 立正安国論であろう。第一印象は「へ こんな事書いてあるノン、全然 ありがたい事書いてないなぁ」って感じですね。

 原文を読んで頂きたいが、要約すると
 旅人が お坊さんの庵に来て言うのです。「飢饉や 天災や 疫病で この国の人や家畜がバタバタ死んでおります。どうしてでしょう」
 
 すると坊さん 「正しい法が 無くなってしまったので、神様がいなくなってしまったのだよ、そして悪魔が入り込んでいるのさ」

(旅)「え~ この国にはこんなに仏教が盛んなのに そんなはず無いではないですか」
(坊)「仏教が盛んそうに見えるけれどね 悪い坊さんが一杯いて 正しい法を説いていないのだよ」
(坊)「なかでも 法然という坊さんが、選択集というのを説いてね、コレが間違いなんだよ
(坊)「念仏さえしていれば 百人が百人とも往生できるよ なんてさ。念仏一門しか 救われないって言っているのだよ」
(坊)「仏教の中心である法華経に書いてある『もし、この経を信ぜずにそしる人は、死して無間地獄に落ちる』という 釈尊の戒めの言葉に 背いているのだよ」
(坊)「法然の選択集が出てから、阿弥陀堂でなければ供養もせず、念仏の行者でなくては布施をしなくなって、他の仏堂は荒れ果てて 住職も逃げ 守護の善神もいなくなってしまったのだよ」
(坊)「法華経を捨てて 浄土念仏を信じるから悪鬼が入り込んで日本が 禍に見舞われているのだよ、だから祈祷より 念仏を禁止を一番にする事だよ」

(旅)怒って「でもね 中国や日本の立派な先師が 阿弥陀仏を尊重していますよ。法然様も幼いときから 比叡山に登って修行をつまれ 智慧が明らかで徳も高いとされていますよ。」
(旅)「多くの書を読み 時代背景を考えて 修行しやすさを考えた結果 念仏を採用されたのですよ。法然様に対して そんな罵詈雑言 同席するのさえ恐ろしいです」と帰ろうとします。

(坊) 旅人を笑って止め
「詳しく法然の謗法を説明しましょう。釈尊の説教には方便と真実の教えがありますが、易しい教えから深い教えとなって 真実は法華経なのですよ。法然は それを無視して すべての大乗経典と仏・菩薩・神々を捨てよと、多くの人びとの心を迷わせているからです。」

(旅)「だいたい解りましたが、そんな事を 朝廷・幕府に進言する事は 出過ぎた行為ですよ」
(坊)「法華経を学んでいる者として、何とかして真実の仏法を立てたいと考えるのは当然ではないでしょうか。それに 延暦寺と興福寺から、たびたび念仏停止の進言がされていますし、法然の弟子たちは 遠国に流されています、朝廷や幕府に 意見提出している者はいるのですよ。」

(旅)「あなたが 正しいのか 法然が悪いのか 私には解りませんが、まずは日本の災害を除く方法を教えて下さい」
(坊)「正法を謗る人を禁じて、正法を信ずる人を重んずるならば、国中は安穏で天下は泰平になるであろう、と私は考えるのです」

日蓮さん 法然さんを罵倒して 法華経を守る自分が一番と主張されています。
このあと 日蓮さんは とても 恐い事を仰います。

(坊)涅槃経大衆所問品に次のように説かれています
 仏が言うには 一闡提(いっせんだい)には 施しをしてはならない。口汚い言葉で 正法をそしり、悔い改めない者のことを一闡提と言う。

 涅槃経梵行品には
人を殺すのは 上中下ある、すなわち生き物の命を奪うのは下、人は中、父母 声聞や縁覚や菩薩 を殺す事が上、上が一番罪深く無間地獄に堕ちるのである。しかし 一闡提を殺す事はこれに含まない。
異端の教えを説く婆羅門たちは正法をそしる一闡提であるから、彼らを殺しても罪にはならないのである。
 涅槃経寿命品には 正法をそしる者があれば、みな力を合わせて徹底的に根絶しなければならない。
涅槃軽金剛身品には 正法を護る者は五戒を守らなくとも、威儀を整えなくとも、まず刀や弓や鉾をとるべきである。

このように経文に明らかです。蟻を殺した者でも必ず三悪道に堕ちるけれども、謗法の者を殺せば必ず不退転の菩薩の位に達し、仏になれるというのです
 謗法(ほうぼう)の人びとは正法を伝える人を無視し、そのうえ、法然の選択集にだまされて智恵の目を閉ざされてしまったのです。

(旅)大集経の法滅尽品には 僧であれはすべて供養を捧げなければならないと書かれています。涅槃経では謗法を禁じていますが 大集経の戒と異なりますから、謗法者を 殺すなどと信じられないです。

(坊)こんなに経文をあげたのに まだ信じられないのですか? 昔の釈尊は命を奪ったと言いましたが、今は、すなわち布施を止めろと言っているのです。

(旅)襟をだたして「仏の教えは 細かく別れて難しく 私には理解が及びませんが、法然の選択集に一切の仏も、経も、菩薩も、神々も、「捨てよ」「閉じよ」「閣けよ」「抛てよ」の言葉をもって、すべて排斥しております。ですから 日本の善神が去って 禍が起こっているのは 経文から理解できました。一刻も早く 法然一派を滅ぼさないといけません」

(坊)「あなたが 心を翻したのは 嬉しい事です。しかし 人は移ろいやすいもの。もしも あなたが、国の安泰を欲しているのなら 謗法の者たちをすみやかに滅ぼさなくてはなりません。なぜなら「他国侵逼の難」「自界叛逆の難」が起こるからです。」
「また 邪教を信じてはいけません。間違った考えがいつまでも残っているならば、早くこの世を去り、死んでのちは必ず無間地獄に堕ちるでありましょう。」
  「あなたは 今までの邪教を捨てて、法華経に帰依しなさい。」

(旅)「私が弥陀一仏を信じて他の仏をなげうち、浄土三部経だけを仰いで他の経を捨てたのは、私の考えではなく、浄土宗の先師の言葉に従ったまでであります。そのために 現世では心労し 死んで無間地獄に落ちるなど、経文から解りました。この世が安寧であるために、謗法の者たちを すぐに根絶し、他のみんなの誤りを正しましょう。

要約終わり

 読んで、愕然となった。私は 日蓮さんをあまり存じ上げないが、熱い男だなぁ位に思っていた。だが、彼は この立正安国論では念仏一派を 謗法の者と決めつけて 撲滅を指示している。

 今 この日本は 日蓮さんが 立正安国論を書いた世と 似ている。飢餓こそ少ないが、鶏インフルエンザやBSEなど 疫病がはやり、大きな地震は続き、また 北朝鮮のミサイルや 中国の圧力などが続いている。

 日蓮さんの論の 「念仏一派」を「創価学会信者」に変えても 良いのではないか?この時代は 日蓮一派は 少なく、権力に抵抗する側であった。今 創価学会は権力を手にして、弱者を組織的に壊滅させようとしている。

 日蓮さんは 法華経に帰依する者が 謗法の者ではないとしている。創価学会は本当に法華経の行者であろうか? 日蓮さんは「南無妙法蓮華経」と唱えるだけで、成仏できるとしたが、実際は 法華経を信じながら 人の為に尽くして、法華経を弘めていく。もちろん、戒は 犯さないという あたりまえの約束事があるだろう。 それを拡大解釈して「あそこは 謗法だから 攻撃しよう」「正しい仏法を守っているから これくらいの事はやっても平気」「私たちはあなた達と違うのよ」となったから 今の 世間に疎まれる「創価学会」が出来あがってしまった。

 日蓮さんの 仏法を継承すると やはり しつこい勧誘、他の宗教は邪教、攻撃的な信者 と 「カルト」と認証されても 仕方ないものが出来上がるのかも知れない。(戒を重視すると 違うのだろうが)
【2005/12/04 19:51】 | 仏教 | トラックバック(0) | コメント(1) |
鬼嫁上等
鬼嫁上等!
 なんて 私が書くことではないのですけれど、やはり 創価学会旦那様に 嫁ぐ場合「鬼嫁上等! 魔で文句あるか!」位の気概を持たないと やっていけません。

 旦那様が一家親戚 創価家族だった場合、自分だけ未入信だと 疎外感を持ちますし、旦那さんが間に入ってくれないと、辛いです。旦那さんになる人が 信頼できるか、自分を守り通せるか、信心しないことを 許してくれるか 約束を守ってくれるか が鍵です。好きで好きでたまらないから 私が妥協しても、私が入信さえすれば と思いがちですけれど、一生のことですし、信仰も合う合わないがあります。

 次に 旦那様がどれ位の活動家が 問題です。1週間の内 どれくらいを活動に当てているか? 財務(寄付)はどれ位しているか 等も考慮に入れるべきです。活動しているって事は 社会との軋轢もあるということです。たとえば 近所に選挙・新聞・署名のお願いに行っていたりします。創価学会一家の嫁 という事に耐えられるか、近所との関係は良好か、そして 住む家は拠点(活動場所)ではないか が問題となってきます。自分が病気で倒れていても 身重で出産が近くても 子どもが病気でも 活動に行ってしまう人なのか、きちんと見極めるべきです。

 それ程の活動家でない場合は、親戚の圧力が問題となってきます。結婚式は人前式でやるのか?自分の両親 親戚に折伏や新聞のお願いをしないのか。子どもの問題も 大事です。入信はせめて 自分で判断できる年になってから、の方がよいです。七五三は神社でやって良いのか。お祭りには参加して良いのか。

 結婚は 契約だと思います。彼氏の前では かわいい子でいたいでしょうし、義理のご両親の前では 良い嫁でいたいでしょう。でも ここのところ押さえておかないと、あとあと苦しい立場になりそうです。

 追記:男性が創価学会員で 女性が外部というのは とてもリスクがあります。反対の立場だったら 離婚になっても、自立することは易しいですが、女性が子供を抱えて生活することは 難しいです。最近は結婚した後や、妊娠後に「創価学会員」と打ち明けるケースが 多く、身重の女性に 入信を迫ったり 暴力をふるう事例も 多く見受けられます。

 男性が創価学会員だった場合、「どれだけ 女性の立場で考えられる人か」「自分や宗教を絶対と思わず、世間並な視点も持ち合わせているか」「追いつめられたときに 自分は悪くないと開き直らないか」そんなことも、充分観察する必要があります。
【2005/06/24 18:45】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(31) |
自分の中の 汚い部分

 自分のblogでは 汚い心を排除して なるべく優しい気持ちで書こうとしている。でも 実際の私は 汚い心も 持ち合わせているし、人間関係の嫌らしさに閉口していることもある。今日は自分でも もてあましている心の部分を吐露してみよう。

 創価学会放棄宣言に ある方がこんな事を載せていらした。

一人くらいゴミを捨てても地球は腐らない。
じゃあ、この人のことは好きだから、ゴミを捨てても許してあげよう。私が拾ってあげればいい。
そういうコトです。
それは違う。一人がゴミを捨てるところを見れば、見た人の中でゴミを捨ててはイケナイという気持ちが減ります。
そしてゴミを捨ててはイケナイ、という事が対して大事な約束ではなくなっていく。
私は自分の目の前にある現実が、世の中すべてに与える影響を、自分の力で受け入れることは出来ないんです。


見たときに 唸った。まさしく 私が感じていて 表現しきれなかったことだ。
ぎりぎりの選挙違反かもしれない行為も 聖教新聞を近所のポストに入れる行為も 強引な折伏も ほんと 些細なことだけれど、つもりつもっていけば やはり世間の迷惑だ。

福岡の 山拓さんの選挙当選も 民意とはかけ離れたものであろう。そして それが起爆剤になり、人権擁護法案が可決されたら、創価学会、朝鮮問題に苦しむ方々の声は かき消されていくだろう。

一人一人の 罪は ほんのかすかなものだろうが、被害は甚大であろう。そうなったときに 私は創価学会信者という方々を許すことは出来ないであろうし、反創価も 創価学会信者も 仲良くやっていこうという 提唱は 片腹痛いと感じている
【2005/06/19 13:45】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(1) |
政教一致
今日 ラジオで 福岡補欠選挙のことを ニュースのコメンテーターが話していたのだが、「創価学会婦人部が応援したのが 勝因」とはっきり言ったのに ビックリした。(少しは マスコミも危機感を持ったのか?)

 婦人部に人気の浜四津さんがわざわざ福岡入りして 応援したそうだ。山拓さんは 街頭演説もしたのだか 反応が良くなくて、小さな会合(座談会?)などを中心に 選挙活動されたそうだ。

 山拓さんは 根回しが上手で、小泉内閣の 郵政民生化などに着手するようだ。(人権擁護法案はどうなのだろう)小泉さんは発想をしてあとは 丸投げの人、山拓さんは根回しの人だそうだ。

 10年前は 自民党のことを 天敵のように嫌っていた創価学会が 婦人部をあげて 本当は応援したくない 山拓さんを応援している。そして 自民党は「公明党が応援してくれれば勝てる」という 麻薬の 重篤な患者になりつつある。あと 10年したら、どんな世の中になっているのだろう、とても 恐ろしい。「みんなが しまったと思ったときが 広宣流布だ」って かの方が仰ったそうだが。まずは「選挙に行こう、政治に興味を持とう」と呼びかけようよ。生きづらい世の中になる前に。
【2005/04/25 12:14】 | 政治・公明党 | トラックバック(0) | コメント(4) |
政教分離
 創価学会が 憲法に保障されている政教分離に違反している、していないという議論は あちこちで見る。

 憲法の解釈 と言う言葉で 色々と議論が分かれるところだが、解釈って くせ者だよね。いろんな 解釈の仕方があるから。○○は駄目 って言っているのに、これは○○の事は 入っていないという解釈をしている。でもさぁ、駄目って書いてあるのだから 普通の人は 駄目だよなってあきらめるのだよ。創価学会というところは、どうも でも こんな考え方もあるヨン、って偉い 学者さんに言わせているような気がする。ま 私の気のせいかもしれませんが。

 でも やっぱり 怖いなぁって思うのは、私が いくら この法案は 庶民のためになってないよね、年金100年安心プランは いつの間にか無くなっているよね、公明党からその説明はないよね、地域振興券は国の財政を悪化させただけだよね、歯科医師会からもらった1億円で橋本さんは追求されているけれど、坂口厚生大臣(厚生省)にもお金が行っているようだよね? 盗聴法は公明党も賛成したのだよね イラク戦争には賛成だよね  って公明党のおかしな所をついても 誰も 明確な答えはないし、そんなことを言う私の方が 悪いように攻撃をされてしまう。そんなことを言う私の命が汚れているとか 人格攻撃されたり。いや ちゃんと解るように説明下されば、何も言わないのに。

 あ 解りやすくお願いします。どうも よく解らない文章を頂くので すみません。小学生でも解るように お願いします。
 ただただ 日本に良くなって欲しいだけです。公明党が庶民のために 命を削るように悪と戦っているのでしたら 何も文句はありません。ただ、創価学会員さんは とても忙しいので 世界情勢とか 自分の応援している公明党員が どんな政策を打ち出して、本当にそれをなしとげているかとか 公明党が 国政にどんな影響を与えているかとか、田中角栄さんとの癒着とか いろいろ ご存じないようでしたから、私としては とても不安なのです。

【2005/04/21 12:16】 | 政治・公明党 | トラックバック(0) | コメント(7) |
言論出版妨害事件
 若い方は ご存じないでしょうけれど、言論出版妨害事件は事実ありましたし、池田会長は正式に謝罪しております。それは 一部の学会員さんの暴走行為ではありませんでした。それを 人間革命では 事実を曲げて書いてあるようです。
 事実 数々の学会批判本を書いた作家たちは 出版を妨害され、強行に出版した藤原弘達氏は筆舌に 尽くしがたい 嫌がらせを受けていたのです。

 創価学会の組織犯罪は とかげのしっぽ切りのように 一部の学会員のしたことですまされてしまいますが、これは 正式に会長の謝罪があります。いたずら電話レベルでないことは 肝に銘じて下さい。

以下 そうかがっ会の信者さんにいろいろお聞きしたいの資料よりほんの一部抜粋 
-----------------------
1963/06/05 『文藝春秋』7月号発売。藤原弘達、林健太郎、宮城音弥、平林たい子による創価学会についての座談会記事を掲載。このうち藤原弘達、平林たい子宅に学会員からの抗議の手紙が殺到(free注 当時創価学会には言論部という組織があって 抗議の投書 電話などを組織的にやっていた)

内藤国夫著『公明党の素顔』(エール出版社)の場合
 67年1月ごろから、三一書房からの執筆依頼で、都庁担当新聞記者として取材してきた都議会公明党の素顔を書きはじめたという。これが創価学会・公明党の知るところとなり、出版社に圧力がかかり、出版計画は中止となる。
 内藤氏は出版社を変更し、極秘裏に出版準備をつづけたが、印刷工程でゲラが創価学会にわたった(業務上横領の疑い)ようで、公明党の竹入委員長が30数箇所の書き換えや削除を要求してきた。
 さらに、国際勝共連合の背後にいた右翼の頭目の笹川良一が内藤氏に「わしは公明党に前に一度恩を受けている。本はおれが全部買いたい」といってきたことも明らかにされた。この本は69年5月に出版されたが、大手取次店は配本を拒否し、小売店に宣伝して注文をとるという方法で、わずかに世に出された。(『前衛』03年11月号)

藤原弘達『角栄、もういいかげんにせんかい』(講談社刊)から
 (内藤国夫、植村左内、隈部洋らが出版の妨害を受けていたので)こうした創価学会・公明党の言論弾圧を目のあたりにするにおよんで、私のこの種の圧力に対する反抗心は、いやがうえにも盛り上がらざるを得なかった。(中略) 戦中派の私としては、いいたいことも満足にいえない時代に多感な青年時代を送り、戦後になってやっと自由の世になったと思っていたところに、こうした言論に対する暴力的ともいえる抑圧である。人間としての自由まで束縛されるとあっては、黙って引っ込む気にはなれなかった。

-----------------------
自由な言論を封殺する手法は 今も変わっていないのです。ですから 断固抗議し続けなければならないのです。
【2005/04/16 12:05】 | 事件・裁判 | トラックバック(0) | コメント(8) |
世界180カ国
ありささんの一行日記を 読んで、思い出したことを。

 私は 昔のことは知らないのだが、歩さんのblogに

2002年04月21日
公式HPによれば
創価学会公式HP「SOKANET」より

SGI主な会員居住国々が更新されてますね。
2002年3月31日現在で、「SGI加盟団体」として認められている(どこが認めてるの?)のは、
94カ国・地域とのことです。
ちなみに更新前は、説明なしの会員居住国180カ国・地域、と76カ国・地域の名が掲示されていました


とあった。そこで、最近はどうなのだろうと 創価学会のHPを 探してみたのだが、影も形もない。「世界に広がる」では 21カ国の旗が掲載されているだけだ。

ところで 面白いモノを見つけた。創価学会個人情報の取り扱いについて

当会は、これまでも、宗教団体として会員等の個人情報を含むプライバシー保護について、適正かつ慎重な取扱いに努め……

ええっ そうでしたか? とにかく 苦情は受け付けてくれるそうです。

宛  先:創価学会 個人情報管理室
電話番号:03-3353-7111(代表)
住  所:〒160-8583  東京都新宿区信濃町32番地
受付時間:午前10時から午後5時まで
(ただし、土曜、日曜、祝日および年末年始を除きます。)
【2005/04/12 11:15】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(5) |
自責
学会員さんと 付き合っていると あまりの天真爛漫さ 一生懸命さに こちらの方が 悪いことをしている気がする。

 心の中では 「折伏されるのは嫌だし、聖教新聞は 学会の資金援助になるから取りたくないし 公明党には絶対入れない」と思っているから。表面だけで 本音を言わずに付き合う私は 相手を裏切っている気持ちになる。学会の悪いことを書くと、彼女の悲しい顔を思い浮かべる。

 でも彼女は いい人ではなかった。友人でもなかった。「いつでも辞めて良いから、学会にお金はいらないわ、仏教の勉強よ」と 方便と称して 嘘をついた。嘘をつく人間、約束を守れない人間とは 本音ではつきあえない。

 「方便」って 後から思い起こして 「あぁ あれは 私の為の方便だったのだなぁ」と感謝の念が起こるものを指すのだ。入会してみると 彼女が言ったことは全くの嘘だった。

 そして学会を理解しない 我々を責める人達に 私たちは自責の念を抱く必要は 無いのだ。あなたが 悪いのでは けして無い。
【2005/03/31 16:46】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
駄目な私
 いつも 脳天気のようですけれど 実は 結構 気が弱く、軟弱な私。今 仕事も 忙しく、人様にアドバイスする余裕も エネルギーも 智力も ありません。

 それでも、やっぱり ネットに色々と 出没して 悩んでいる人にあれこれ 言ってしまいます。もちろん アドバイスなんて出来ませんけれど、「ここのHPを覗いてみたら? 同じような人はたくさんいるよ。」などと 案内人のようなことをやっています。同じ悩みを持っている人は こんなにも居たという 安堵と 一人でないというPOWERをもらったことは 私にもありましたから。

 同じ悩みを持っている人は 後を絶ちません。むしろ 酷くなっているのではと 感じています。それだけ 組織の締め付けが厳しいのかもしれません。

 先日「学会員さんを恋人に持つ人の悩み」を扱った 掲示板で 例のごとく「ネットで話すより 彼氏に直接ぶつかってみろ。ネットは虚構の世界だ」的発言があって ちょっと 噛みついてしまいました。悩みを持っている人達が 直接 学会員の恋人と 話し合っていないとでも 言いそうな 傲慢な 内容のない 無神経な発言に思えて。そして ネットで悩みを話している 全ての人達に 侮辱とも とれそうな気がします。

 私が想像する学会員さんの思考パターンは「絶対正しいから 学会に入ってみて、嫌なら辞めればいいよ」→「こんなに世界中に認められて 先生も表彰されているのに、学会の素晴らしさが解らない おまえが悪い、別れよう」となる場合が多い気がします。一方的に 自分たちの正しさを主張して 理解が得られないと 一方的に別れを切り出す。そこには 対話はありません。

 でも 学会を理解しない あなたが悪いわけではありません。学会に それだけの魅力と正義がないだけです

 そんな言葉を 何度も何度も愚直に 語らなければ ならないと思っています。でも 結構 疲れてくるのですよ。頭も悪いですし、今 駄目駄目です。
【2005/02/26 16:39】 | 体験記 | トラックバック(0) | コメント(1) |
前のページ | ホーム | 次のページ
創価学会体験記


選挙前になると電話をかけてくる 不思議な人達。そんな創価学会を体験してみました。【ここは 創価学会体験記http://blog.goo.ne.jp/free-zu/ のコピーblogです。】

プロフィール

free♭

Author:free♭
【mail】free-zu@mail.goo.ne.jp

【体験記一覧】blog始めました

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。